• トップページ
  • 相続のポイント
  • 大分財産コンサルとは
  • 社長プロフィール
  • お問い合わせ

相続放棄とは

相続は、それを受けるかどうか意向を問われるまでもなく、自動的に生じるものです。プラスの資産だけならいいのですが、借金や保証債務など「マイナスの財産」も相続されてしまいます。

もうひとつの相続対策
~相続をマイナス財産(借金)から考える~

相続とは、被相続人の権利も義務もひとまとめに引き継ぐということ。ほしい財産だけもらって、借金はいらない、というわけにはいきません。

相続発生後に相続人ができること

借金の方が多い時は相続権の放棄を!!

  • 被相続人の債務を免れるには「相続放棄」「限定承認」の方法がある
  • 相続を放棄するなら、相続を知った日から3カ月以内に手続きが必要
ここがポイント
  1. 「単純承認」(遺産をまるごと受け継ぐ)なら、なにも手続きはいりません。裁判所に行くのは「相続放棄」「限定承認」の場合です。
  2. 亡くなった人の借金は、相続人に法定相続分の割合で相続されます。(この割合を変えるには債権者の了承が必要です)
  3. 被相続人の保証債務は相続されますが、相続人の責任は縮減できる場合もあります。
  4. 自分が相続人だと知らないうちは、放棄できる3ヵ月の期限はスタートしません。
  5. やむを得ない事情があれば、期限をのばしてもらえる場合があります。
  6. 「限定承認」を選べば相続人は自分の財産からは支払わなくてすみます。しかし手続きは面倒で、時間や経費がかかります。
無料相談会バナー

※注)大分財産コンサルでは弁護士・司法書士・税理士・行政書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・社会保険労務士と提携して財産問題に取り組んでいます。

▼OBS大分放送「大分の底力」に出演(音が出ます)

▼OAB大分朝日放送「5スタ」に出演(音が出ます)

▼セミナーの様子をご覧ください(音が出ます)

無料相談会ページへ